2021(令和3)年 龍念寺報恩講法要をお勤めしました

11月6日(土)今年も無事に報恩講法要をお勤めすることができました。昨年に引き続き新型コロナウイルス感染症の影響により、規模を縮小し、また近隣のお寺様からのお参りは親戚寺院のみに限りお勤めをいたしました。

法話のご講師は東京都文京区、稱名寺様の横内教順先生にお話しいただきました。横内先生は東京教区(関東一帯)の若手布教使のホープです。わかりやすい例えばなしを交えながら有難くお取次ぎを頂いたことでございます。

京都西本願寺の式務部(お勤めのスペシャリスト部隊)に勤務の弟顕生に本場仕込みの喚鐘(かんしょう:法要の始まりを合図する鐘)をついてもらいました。

今年もこの報恩講法要をお勤めできたのは、ひとえに御門徒皆様のお力添え、また近隣のご寺院様のお力添えによるものであります。龍念寺は室町時代の創建であると伝わっております。約500年間、宗祖親鸞聖人がお示しくださった浄土真宗のみ教えが今日まで伝わってきている。親鸞聖人、そしてそのみ教えを伝え続けてくださった先人方への感謝の思いを改めて確認、そしてまた新たにするご法要でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。